相談内容 CONSULTATION

トップページ > 相談内容 > 借金問題・住宅ローン

債務整理

債務整理

クレジット会社や消費者金融からの借入について,約束どおり支払っていくことができない状態になったときに,あなたならどうしますか?
新たに貸してくれるところを探して借金を雪ダルマ式に増やすか,専門家に相談してきちんと整理するか冷静になって考えてみてください。

私たち弁護士が個人の方から債務整理を依頼されたときは,任意整理,個人再生,自己破産の3種類の中から整理方法を選択します。

任意整理は,利息制限法という法律に定める制限利息と比較して過去に支払い過ぎている利息があれば,その払い過ぎている分を元本に繰り入れて再計算して,残金を支払える範囲の分割で支払い条件を組みなおす交渉をするという方法です。
取引期間が長い場合には,利息を元本に繰り入れていくと,支払い分が残らず,業者の方からお金が戻ってくることもありますし(過払い金請求),この戻ってきたお金をもとに,借金を返済できる場合もあります。
もっとも,昨今はどの金融業者も多数の過払い請求を受けて資力が乏しくなっており,思うように回収できないことも考えなくてはなりません。この点については相談時に弁護士が詳しくご説明します。

個人再生と自己破産は,どちらも裁判所に申立をして債務を整理するものですが,自己破産は破産手続開始後に免責の裁判を受けられれば基本的に債務が帳消しになりますが(注;一部免責されない債権があります。),浪費や詐欺的な行為など法律的に免責できない事由がある場合や,ローンを支払っている最中の住宅を残したい場合などには自己破産は選択できません。

そのような場合には,個人再生手続を選択しますが,負債総額が5000万円以下であればこの手続を選択できます。この方法は,基本的に3年間の分割で法律に定められた金額を分割で返済し,残額は免除してもらえるという制度で,負債額が3000万円までであれば,その5分の1(最低でも100万円以上で最高300万円),3000万円から5000万円まではその10分の1の金額を分割で支払います。

そして,住宅ローンについては,特別の扱いで,約束どおりの支払いを継続することや,支払い条件を緩和してもらうことも可能となります(住宅に住宅ローン以外の担保が付いている場合にはこの特別の取扱いはできません)。仕事にどうしても必要なので,車のローンの支払いを継続して行きたいというときには,個人再生でも車を残すことができる場合があります。

このページの先頭へ

相談内容

  • 相続・湯言
  • 高齢者の財産管理
  • 介護事故・医療事故
  • 消費者被害
  • 欠陥住宅問題
  • マンション問題
  • 不動産取引・借地借家
  • 離婚・養育費・親権・慰謝料
  • 男女間トラブル
  • 交通事故
  • 借金問題・住宅ローン
  • 労働問題
  • 内容証明作成
  • 契約書作成
  • 近隣トラブル

初回無料