相談内容 CONSULTATION

トップページ > 相談内容 > 介護事故・医療事故

介護事故・医療事故

介護事故・医療事故

ご自身,大切なご家族がこのような体験をしたことはありませんか?

  • 介護施設でおばあちゃんが食事中喉をつまらせて亡くなってしまった。
  • 病院で手術を受けたが後遺症が残ってしまった。
  • 事故について施設や病院から十分な説明がなされない。

当弁護団では,このような介護施設,病院で発生した事故についてもご相談に応じられます。まずは1人で悩まずに気軽にご相談ください。

ご相談から受任までの流れ

1 法律相談

まずは,事故の内容について,事実関係の確認をする必要があります。既に入手されているカルテ,介護記録等の資料があればご持参いただき,把握されている事実関係があればまとめてきていただければ,スムーズに相談に応じることができます。
そして,お話を聞いた上で法的な問題点を把握し,事実の調査・分析が必要な場合には,資料・情報の入手方法についてアドバイスをするとともに,問題の解決に向けて,今後とるべき手続,見通し等についてご説明いたします。

2 医療記録・介護記録の入手

近時は,医療記録,介護記録については,速やかに開示に応じるところが増えてきておりますので,ご自身で取付可能なケースが多いとは思いますが,一部開示に応じないところもありますので,記録の入手のお手伝いも可能です。

3 収集した情報の分析

収集した情報をもとに,事故発生について,施設,病院の法的責任の有無を検討します。法的責任の有無とは,事故発生について,施設,病院側に「過失」があったのか,それとも「過失」はなく不可抗力の事故だったのかの判断を意味します。「過失」とは,簡単にいえば,事故の発生を予想することができたのか(予見可能性),予想できたとして事故発生を避けることができたのか(結果回避可能性)という2つの観点から,いずれも可能であったのに事故を発生させてしまった場合に認められるものです。この判断が介護事故,医療事故では最も難しいですが,数多く案件を扱った経験と独自のネットワークを活用して,適切な判断ができるように努めております。

4 交渉、訴訟等

事故発生について責任が問いうる事案であると判断した場合,最終的な解決を目指して,施設,病院との交渉,訴訟等の対応を行います。

このページの先頭へ

相談内容

  • 相続・湯言
  • 高齢者の財産管理
  • 介護事故・医療事故
  • 消費者被害
  • 欠陥住宅問題
  • マンション問題
  • 不動産取引・借地借家
  • 離婚・養育費・親権・慰謝料
  • 男女間トラブル
  • 交通事故
  • 借金問題・住宅ローン
  • 労働問題
  • 内容証明作成
  • 契約書作成
  • 近隣トラブル

初回無料